カテゴリ: プログラミングって?

子供と一緒に楽しみたいプログラミング、といっても、言語とかやりかたとかいっぱいありますよね。
その中でもよく話題になるのはスクラッチとマインクラフトではないかと思います。そんなわけで、スクラッチとマインクラフト、うちの息子はどっちに興味を持つかなあと思い、まずは両方やってみようかな、と思っております。

でマインクラフトなんですが、どうやらマインクラフトでプログラミングを覚えさせるのっていくつかあるみたいなんですよね。
その中の一つが「Minecraft Hour of Code」。
スクラッチとマイクラを組み合わせた感じで面白そうだなと思うんですが、
マイクラ170426-1












これ、パズルゲームみたいな感じ。

確かに遊びやすいけど、マインクラフトの世界観を借りたキャラゲーであってマインクラフトじゃなくない?って感じです。
まあこれはこれで遊んでみるとして、やってみたいのはマインクラフトの3Dの世界の中でプログラミングを覚えさせること、なんですよ。
これができるのが「ComputerCraft」というMODです。これを使ってプログラミング学習をさせる書籍も出ていますよね。
ということで、まずはこの「ComputerCraft」を息子に遊ばせてみるべく、我が家のポンコツPCにマインクラフトの環境を構築してみるんです。

最近、巷で騒がれ始めた「プログラミング学習」ですが、なんで今必要なの?ていうのを疑問に感じる方々もいるかと思います。
小学生への英語教育は、まあ…グローバル社会だからねえ…分かるけど…と理解はするんですが、つい数年前までは小学生でプログラミングやってるなんて一部のコンピューターオタクだけだったわけですよ。もちろん私もそんなオタクの一員だったんですけども。
じゃあなんで 今プログラミングが必要かと騒がれだしたかというと、まああれです。AIなんかの分野が成長してきて、人がやっていた業務がいずれどんどんコンピュータに置き換わっていく時代がやってくるわけです。そんな時代に必要になるのは、読み書きや知識よりも考える力、コンピュータに命令を与える能力になってくるわけですね。そんなこんなで2020年から新学習指導要領の中に小学生へのプログラミング学習が必修化されることになったみたいですよね。
一体2020年から、なにをどうやって教えることになるのか、その全容は明らかになっていないわけですけど、いきなり明日から授業にプログラミングが加わりまーす なんて言われる前に慣れさせておきたい、と思うのが親心なわけでして。
そういうわけで、今どんなプログラミング言語があるのか、塾ではどんな風に教えているのかなど、実際に息子に体験させながらまとめてみたいなと思っています。 

↑このページのトップヘ